自然写真館


イワカガミ(いわうめ科)
バラギ高原・鹿沢高原・万座温泉
葉は、肉厚でかたく、円形から卵形。和名は、岩場に自生し、葉は鏡のような光沢があることからつけられました。

 
 
コマクサ(ケシ科)
見頃 :7月上旬~8月上旬 花の形が馬の顔に似ていることからついた和名。
高山植物の女王とも言われるコマクサは万座温泉、本白根山周辺で多く見られます。


 
 

ザゼンソウ(サトイモ科)
見頃 :4月中旬~5月中旬 湿地に生える大型の多年草。高さ15センチほどの花が、座禅を組んだ達磨大師に似ていることから、その名が付けられたものです。



 
シャクナゲ(ツツジ科)
見頃 :5月中旬~6月中旬 高山帯に自生します。
「浅間高原しゃくなげ園」では、あずまシャクナゲがピンク色の大輪の花をつけて咲き乱れます。15万株もの群生は圧巻です。



 
ソバの花(タデ科)
見頃 :9月 ソバの花は咲き始めが特に綺麗で、下から次々に開花し、やがて下から実が付き始めます。大笹地区のソバ畑一面が、白い絨毯を敷きつめたようになります。


 
リンドウ(リンドウ科)
見頃 :9月下旬~10月中旬 山野に生える多年草。茎は高さ20~50センチくらい。花の色は青紫色です。
バラギ高原の秋に、霜にも負けず咲く花です。
 
 
 
レンゲツツジ(ツツジ科)
見頃 :6月中旬~7月上旬 鹿沢高原では、数十万本のレンゲツツジが、鮮やかな朱色の絨毯のように覆い尽くします。
国の特別天然記念物にも指定されています。